2021年度 千葉県内の取組み

1994年「国際アルツハイマー病協会」(ADI)は、世界保健機関(WHO)と共同で毎年9月21日を「世界アルツハイマーデー」に制定して、この日を中 心に認知症の啓発活動を実施しています。また、9月を「世界アルツハイマー月間」と定め、様々な取組みを行っています。
2021年度は初めて千葉ポートタワーがオレンジ色にライトアップされ、各地域で認知症の啓発活動やイベントが開催されました。以下千葉県支部で把握している活動を紹介します。

Live!ライトアップ2021 

千葉ポートタワー

今年度初めて、9月21日千葉県と千葉市の共催で千葉ポートタワーがライトアップされました。ライトアップの様子はYouTubeでライブ配信され、チーバくん、ちはなちゃん、かそりーぬくん、ポートくんが応援に駆けつけてくれました。

各地のライトアップ

千葉市・佐倉市

千葉市 9月17日~23日 佐倉市 9月21日~22日

啓発パネル展示

千葉都市モノレール千葉駅構内ステーションギャラリー

今年も、千葉駅構内ステーションギャラリーをお借りしてパネル展示を行いました。駅利用の多くの皆様に「認知症と共に生きる時代が来ています」のリーフレットを持ち帰っていただきました。
期間 9月18日(土)~24日(金)

啓発イベント

千葉市・習志野市

千葉市 認知症を理解しよう 2021秋 9月19日       習志野市市役所内 オレンジドレスアップ 9月1日~24日

読む・知る・認知症キャンペーン

県内の図書館

県内各地の多数の図書館が「読む・知る・認知症キャンペーン」に
取り組みました。

・・・

このほか千葉県立東部図書館・西部図書館、千葉市立中央図書館・花見川図書館・稲毛図書館・若葉図書館・美浜図書館などでキャンペーンが行われました。